| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

MHF報酬について最終回

報酬について シリーズ
・第1回  『報酬画面の見方
・第2回  『枠の決定、素材の決定
・第3回  『素材出現期待値
・最終回 『期待値導出ツール』←イマココ


お待たせしました。
MHF報酬についてシリーズ最終回。

『期待値導出ツール』の配布&使い方説明です。

Ω< マッテマシタ!
Ω< キャーキタイチサマー!


欲しい素材が一回のクエでいくつくらい出るのか。
目標の数を集めるのに大体何回クエをこなせばいけそうか。
そんな値がさっくりとわかるように作ってみました~

=こんな感じ
クリックで拡大

見た目はこんな感じでごんす。
…ただのエクセルです本当にありがt


とりあえずダウンロードと使い方について説明します。

まずダウンロードはコチラから→MHF_expectation_0328

ダウンロードすると、拡張子が「.txt」のものが保存されますが、
これはFC2の仕様でエクセルファイルがアップロードできないからで、
「.txt」をそのまま「.xls」に変換するとエクセルファイルとして利用できます。

 拡張子?なにそれ見えない!という方はコチラ↓
 拡張子とはWindowsでの拡張子表示方法
 (参考:拡張子辞典・解説 - CCfA.info様)
 拡張子が表示されたらファイルを右クリック、名前を変更で
 「MHF_expectation_0328.txt」を
 「MHF_expectation_0328.xls」に変更したらおけーでございます。
 エラーというか警告が出るけど無視してくださいませ。

さてー
みなさまエクセルのシートが表示できましたでしょうかっ
上の画像のようなファイルが開けたら成功ですー


ではでは使い方です。

まず、期待値を求めたい欲しい素材が決まったら、
情報系サイト様などから各報酬でどれだけのドロップ率があるのかを調べてください。
 (参考:猟団FreeDomの小部屋→素材検索 など)
そしてその値を「入力」と書いてある行の太枠で囲まれたセルに
報酬の種類ごとに入力してください。
このとき百分率は使わずに、0~1までの少数を用いて入力をお願いします。

入力
クリックで拡大

「サブなし」「サブあり」「サブA」「サブB」「部位破壊1~4」「捕獲報酬」「剥ぎ取り」
それぞれ対応するセルにドロップ率を記入するのですが、
前半の4項目はクエスト依存、後半はモンスター依存であることに気をつけてください。
また、基本報酬でドロップがある場合は、
該当するクエストにサブターゲットが設定されているか否かで入力場所が異なります。
サブターゲットが存在しない場合は「サブなし」へ、する場合は「サブあり」です。
ドロップの存在しない報酬がある場合は、該当するセルには「0」を入力してください。

また、剥ぎ取りに関しては確率を入力するセルと
剥ぎ取り回数を入力するセルがあるので、それぞれ対応する値を入力してください。


ここまで入力できたら、すでに「出力」の欄に値が表示されているはずです。

出力
クリックで拡大

「1クエの総期待値」の下にはそれぞれ捕獲した場合と、剥ぎ取った場合の
運気発動状態に合わせた期待値が表示されています。
これらの値の単位は「個」です。
1回のクエストで何個の報酬が期待できるかという値になっています。

捕獲した場合と剥ぎ取った場合でどちらが期待値が大きいか
比較できるようになっています。


そしてその右の「n個集めるには」という項目ですが、
これは、入力に使用したクエストを何回こなせば目標数(n)に達するのか
それを示した数値で、単位は「回」です。
使用する際には n=[ ]となっている太枠のセルに目標個数を入力してください。
捕獲、剥ぎ取り、各種運気状態とそれぞれの値が表示されます。

n=
クリックで拡大

その右の参考の欄は、お守りを使用するとどんな期待値になるのか
それを簡単に表示させています。参考までにどうぞ。


ということで、MHF報酬についてシリーズ最終回は
実際に期待値を求めてみるためのツールの紹介と使い方の簡単な説明でした。

上の説明文ではわかりにくいことだらけだと思いますが…
適当にいろいろいじってみて上手に使ってみたくださいませ☆


ではひとつ例を紹介です。
最近話題の「古龍種の珠」の期待値を求めてみたいと思います。
え?珠なんてもう古いって??  [ - -]<キコエマセン

「古龍種の珠」これを小部屋さんの素材検索で調べると、
密林:温暖期/夜:≪剛種クエスト≫密林の強き嵐 基本報酬 で 1個 (10%)
密林:温暖期/夜:≪剛種クエスト≫密林の強き嵐 サブB達成報酬 で 1個 (4%)
というデータが見つかります。
これは「密林の強き嵐」というクエストの基本報酬で10%、
サブB報酬で4%のドロップ率があるということを示していて、
捕獲や剥ぎ取りといったそのほかの報酬ではドロップしないこともわかります。

この場合、例のエクセルファイルには、
サブターゲットが設定されているクエストの基本報酬で10%なので
C10のセルに「0.1」を、サブBで4%なのでE10のセルに「0.04」を
その他のセルには「0」を入力してください。
そしてこれを10個欲しいとするならばF17のセルに「10」を入力します。

するとこんな感じになっているはず。

n=
クリックで拡大

出力の欄を見るとこのようになっていて、
通常  0.61261640個
幸運  0.71879945個
激運  0.82486435個

一回のクエストでこれだけの「古龍種の珠」が期待できるというわけです。

また「n個集めるには」の欄には以下のように表示がされ、
通常  16.32342835回
幸運  13.91208618回
激運  12.12320547回

通常時は16回ほど、幸運なら14回、激運ならば12回ほどクエストをこなすと
目標数に達することがわかるのです。


普段何気なく入手している報酬にこんなルールがあって、
計算でいろいろ求まるんだってのだけでも知ってくださいませ
ツール自体の用途や需要があるのかどうかはわかりませんけどねっ

では、MHF報酬についてシリーズ これにておしまいですっ
最後までお付き合いいただいたみなさまありがとうございましたー


【追記】4/2 19:30
上記「古龍種の珠」のクエは「鋼龍討伐の証」が1つ確定でドロップします。
確定ドロップがあると、基本報酬の枠数がひとつそれに占有されてしまうので
その他の素材の出現可能な枠が減るため、計算結果が不正確になります。

確定ドロップが存在するクエストでは、
エクセルシートから算出された素材の期待値から、
求める素材の基本報酬でのドロップ率を引いた値を期待値としてください。

例) 密林の強き嵐、古龍種の珠ドロップ個数期待値
エクセルシートの計算結果
通常  0.61261640個
幸運  0.71879945個
激運  0.82486435個

これらから「古龍種の珠」基本報酬ドロップ率の「0.1」を引いた値
通常  0.51261640個
幸運  0.61879945個
激運  0.72486435個

が正しい期待値となります。
なお、これによりn個集めるには~の計算結果も正確性が失われます。

確定ドロップの存在するクエスト場合以上の点に注意してください。
スポンサーサイト

| MHF報酬について | 22:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

MHF報酬について第3回

報酬について シリーズ
・第1回  『報酬画面の見方
・第2回  『枠の決定、素材の決定
・第3回  『素材出現期待値』←イマココ
・最終回 『期待値導出ツール


回線がどうのこうのいっている間にすっかり忘れ去られたかに見えた
報酬についてシリーズですが、いよいよ最後の更新ですっ

最終回となる今回は前回の予告のとおり、
報酬による目標素材の出現期待値の導出方法です!

えっと…この場合の期待値ってのを平たく言うと、
「一回クエをこなしたときに目的の素材がいくつ出るか」
というのを示す値です。

期待値に似た言葉に平均値があると思いますが、こちらは
「何度かクエに行ったとき、入手した総数をクエに行った回数で割った値」
というのを示します。

何度もクエをこなした値を基に導出する「平均値」、
データを基に計算から求める「期待値」
無限回の試行を考えたとき平均値は期待値に近づきますし、
期待値もまた、試行を行うにつれ平均値と同じ意味合いになります。

はい!書いてて意味がわかりません!!
このあたりは数学的な定義に忠実なツッコミをされると苦しいので…

具体例を出しながら説明していきまっするー

まず、報酬の決定には枠数の決定が重要であることは前回書きました。
報酬枠が決定した後、素材が抽選されるんでしたよね。

では例えば、
5枠の報酬が確定しているとき、求める素材が20%の確率で出るとします。
このとき、求める素材はいくつくらい出そうでしょうか?

はいそのとおり。
これは 5枠 x 20%(0.20) = 1 で1個という数字。これが期待値になります。

同様に4枠で30%なら1.2個、8枠で2%なら0.16個ってな計算です。
もちろん素材の個数は整数しかありえないので、
1.2個なら、10回やって12個、0.16個なら100回やって16個出る確率
というのが正確なのかもしれませんが、
期待値の性格上、このように記載させていただきます。

ということで期待値ってのが大体わかっていただけたでしょうか。
ここでの期待値とは「一回のクエストで得られるであろう欲しい素材の数」です。


では実際のクエスト報酬を考えた場合はどうなるでしょう。

なんども言うとおり、クエスト報酬はまず「枠数」が決定され、
その後素材の抽選が行われます。

ではその枠数ってやつは具体的にどうなるのでしょうか。
こちらも期待値の考え方を利用することで、
1クエあたりの報酬枠数を計算で求めることが可能です。

例として、サブなしクエの基本報酬を考えます。
確定が4枠に抽選枠が6、最大10枠となります。

運気スキルの発動していない通常時、
抽選枠の決定には22/32( ≒ 69% )という確率が使われることを踏まえて、、

4枠 確定分からスタート 100 - 69 ≒ 31%
5枠 x 22/32 ≒ 69%  69 - 47 ≒ 21%
6枠 x 22/32 ≒ 47%  47 - 32 ≒ 15%
7枠 x 22/32 ≒ 32%  32 - 22 ≒ 10%
8枠 x 22/32 ≒ 22%  22 - 15 ≒ 7%
9枠 x 22/32 ≒ 15%  15 - 11 ≒ 5%
10枠 x 22/32 ≒ 11%  11%

各枠数に対してそれぞれ太字にした部分が出現する確率です。
4枠しか出ない確率が31%、最大の10枠になるのは11%という意味合いです。
んでこの数字に枠数を掛けたものの総和が枠数の期待値となります。

4 x 0.31 + 5 x 0.21 + 6 x 0.15 + ・・・ ≒ 5.97

つまりサブなしのクエストの基本報酬は運気スキルがない状態では
5.97、約6枠の報酬が期待できるというわけです。

同様の計算から、幸運発動時は7.09、激運発動時は8.13 となります。

またこれを報酬の種類、運気スキルの有無、でまとめたものが以下。
 通常幸運激運
サブなし基本(4+6)5.977.098.31
サブあり基本(3+5)4.865.806.76
サブA・B(2+2)3.163.473.73
捕獲(2+1)2.69--
報酬の種類(確定+抽選)、それぞれの枠数の期待値
捕獲については運気が乗るのかどうかはっきりしなかったので省略しています。

はいっ
ということで各報酬の枠数の期待値が求まりました。


ではではいよいよ最後です!
枠数が決定したらあとは簡単。
先ほど期待値の説明で使った計算をしたらいいのです。

例えば、幸運が発動した状態で
サブありクエの基本報酬で12%、
サブA報酬で20%で出現する素材を集めようと思ったとき、

サブあり基本(幸運)の枠数の期待値が5.80だから 5.80 x 0.12 = 0.696
サブA報酬(幸運)は同様に3.47だから 3.47 x 0.20 = 0.694
これらは別の事象であるので単純に足してしまって、0.696 + 0.694 = 1.39

結果一回のクエでのこの素材の出現期待値は1.39個というわけです。

このように枠数の期待値と、欲しい素材のドロップ率の積をとり、
各報酬について足していったものが全体の期待値となるのです。


まとめです。
各報酬の種類ごとの枠数の期待値は上に記載した表の値。
素材出現期待値は、各報酬ごとの(枠数 x ドロップ率)の総和。


はいはいっ
ということで以上で報酬について第3回『素材出現期待値』を終わりますっ
…最後まで読んでいただいたみなさま本当にありがとうです。。

ワケわからん話をながなが聞かされて
ワケわからん計算を勝手にやっとるな…と思ったあなた。正解です。
いつも悩まされる報酬にこんなメカニズムがあったんだ
ってのをご理解いただけるだけで大満足です。

でも…冒頭では今回が最終回と言いましたが
このままではあまりにも実用的でないので、
次回ちょっとしたツールを用意してみます。

目的の素材のドロップ率さえ判明したら、
クエ一回あたりの期待値が簡単に求まる。そんな感じになると思います。

…といってもただのエクセルのファイルの予定ですけどね。。


ちなみに、この計算で例の銀なんとかのクエ一回あたりの入手期待値を計算すると、
激運 0.135個、幸運 0.116個、通常 0.097個
つまり10個集めるには、
激運 74回、幸運 86回、通常 103回 クエに行く必要があるのです…

ブーブー報酬術、お守りの効果もあるので
必ずしもこれだけの回数が必要とはいえませんが。。
この数字を目の当たりにするとさすがにびびるなぁ

| MHF報酬について | 05:31 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

MHF報酬について第2回

報酬について シリーズ
・第1回  『報酬画面の見方
・第2回  『枠の決定、素材の決定』←イマココ
・第3回  『素材出現期待値
・最終回 『期待値導出ツール

昨日の第1回に引き続き、報酬について第2回です!

今回は予告どおり報酬枠と素材の決定についてです。

昨日の記事で報酬画面の見方についておさらいしました。
報酬画面は↓こんなふうにそれぞれの報酬でエリアわけされているんでした。

報酬画面
クリックで拡大

しかしこの報酬画面、毎回出てくる素材の数が違いますよね。
それぞれ素材のアイコンが表示されている部分を「枠」と呼ぶことにして、
「枠」の数がどのように決定しているのかを説明していきます。


まず、それぞれの報酬には「確定枠」と「抽選枠」というものが存在します。
その名の通り、クエストクリアや条件達成で必ずもらえるのが「確定枠」で
必ず決まっただけの枠数の報酬が得られます。
また、確定枠にプラスして、抽選により枠数が決定するのが「抽選枠」で、
最大枠数を上限に、抽選によりある確率で枠数が変動します。

んでこの確率が「32分の22」という数字です。

例えば、
確定枠で3枠手に入り、その後、当たる確率が 22/32 のくじを引く。
あたりを引けば4枠目が手に入り、さらにくじを引くことができる。
またあたりならば5枠目が手に入り、さらにくじをもう一度…

これをあたりが出る限り繰り返して、
最大枠数まで到達するか、どこかではずれを引くとそこでおしまい。
それまでに入手できた枠が報酬画面に現れる。

という操作が裏で行われ、報酬枠が決定しているのです。
基本報酬が3枠だったり、8枠だったり、
サブ報酬が2枠だったり、4枠だったりというのはこれが原因というわけです。


そしてこの「32分の22」という数字を変化させるのが「運気スキル」です。
通常 22/32 の枠数の増加確率が、それぞれ次のように変動します。

・災難(スキルポイント-20) 8/32
・不幸(スキルポイント-10) 16/32
・幸運(スキルポイント 10) 26/32
・激運(スキルポイント 20) 29/32

つまり運気スキルは、
抽選枠の枠数が増える確率を変動させるスキル なのです。

「激運だからレアアイテムでたぜヒャッハー」とか、
「剥ぎ取りで紅玉とはさすが激運だ」とかいうのはナンセンスであると言えるでしょう


また、各報酬ごとの確定枠と抽選枠、最大の枠数は以下の通りです。

・基本報酬
 α、確定4枠、抽選6枠 最大10枠 (マストオーダー系またはサブ無しクエスト)
 β、確定3枠、抽選5枠 最大8枠 (サブ有りクエスト)

・サブA、B報酬
 確定2枠、抽選2枠 最大4枠

・捕獲報酬
 確定2枠、抽選1枠 最大3枠 (モンスターの種類ごとに適用)

・部位破壊報酬
 確定1枠のみ (破壊した部位ごとに適用)

基本報酬のみクエスト形式によって2種類の枠数が決められていることに注意です。

例えば、サブありのクエストの基本報酬ならば、
確定で3枠が決定し、その後抽選により0から5枠がプラスされる。
結果、3枠から8枠の間のどれかの枠数に決定するということです。

なお、捕獲報酬の抽選枠に関しては運気スキルは乗らないとの情報も…
誤情報かも!確認とれず申し訳ないです。。。

具体的な計算のプロセスや、運気スキルの有無による枠数の変化などは
実際の数字や計算を交えながら、次回説明いたしますー。


ということで以上のプロセスによって枠数が決定しました。
次に素材の決定です。

といってもこちらは簡単。
決定した枠数の一つ一つに対して素材の抽選が行われるだけです。

情報、攻略系サイト様に書かれているパーセント表示に応じて
それぞれの枠ごとに素材が決定されるのです。

確定と書かれている素材があるクエストならば、
1枠分は素材の抽選が行われず、その枠を利用して確定素材が出現します。

各報酬枠の抽選はそれぞれ独立した事象として計算され、
なにが出たからなには出にくいとかそういったことはありません。

んで最後に出現した素材をソートしておしまい。


このように枠数が抽選により決定され、その後、素材が決定する。
こうして報酬が決定するということがわかっていただけたでしょうか。

あわせて運気スキルの意味も理解したいただけたらうれしいなぁと思います。


そうそう、猟団プーギーの「ブーブー報酬術」ですが、これは基本報酬に適応され、
クエストクリア時に 1/8 の確率で発動し、最大枠数を無視して抽選が行われる

という効果があります。

先に述べましたとおり、各報酬には抽選枠に上限があります。
どれだけ枠数決定のくじであたりを引き続けても、上限まで到達したところで
抽選が終了し、枠数が決定されると言いました。

しかしブーブー報酬術は、クエストクリア後、8分の1の確率で発動し、
発動した場合、抽選枠の上限を無視して抽選を続けることができるのです。

ただし、発動しても抽選枠の上限を無視して抽選が行われ続けるだけなので、
例えば上限まで達する前にはずれを引いてしまったり、
上限を突破した後もあたりを引き続けないとたくさんの報酬は得られません。

8分の1といいながらそんなにたくさんの効果がないように思えるのは
このような理由があるのです。

しかし、うまくいけば基本報酬のエリアである3段目がいっぱいになるほどの
報酬が出ることだってあります。
第一回目のタイトル画像はまさにその様子をあらわしていますねっ

運気スキルとの併用が推奨されているのはそんな理由があるのです。


ということで、報酬についての第2回、枠の決定と素材の決定でしたっ
次回はいよいよ目的の素材が出る確率はどれくらいなの??
という話にしようと思っています(≧▽≦)ノ

いわゆる「確率」のお勉強的な内容になることが予想されますが…
私も完璧に理解しているわけではないので不安です、、
わかりにくい文章や勘違い、誤情報には十分気をつけてくださいね!

では次回もおたのしみにっ

…なんて書いちゃっていいのかな

| MHF報酬について | 20:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

MHF報酬について

狩猟日記

報酬について シリーズ
・第1回  『報酬画面の見方』←イマココ
・第2回  『枠の決定、素材の決定
・第3回  『素材出現期待値
・最終回 『期待値導出ツール


~が出ないっ
○%なのに出ないっ
◎%なんて低すぎだー出ないよー

神龍苔、各種宝玉、剛種の証、剛種チケットなどに加え、
最近では双火槍クエの「銀火竜の真骨頂」、
剛クシャ、密林の強き嵐の「古龍種の珠」などなど
クエスト報酬に関わる話題はいつも盛り上がりますよね。

それらの話のタネになる、攻略、情報サイト様に記載されている「~%」という数字
この値って実際どうなの??ってことで
実際に報酬で得られる確率はいかほどかってのを計算してみましょ~

ということでみんな大好き報酬のお話ですっ
報酬の仕組みから目的の素材が出る確率の導出まで
何回かに分けて記事にしていきたいと思います~

え?ダメージ計算のシリーズはどうなったって?
はっはっは誰も覚えちゃいないさー (;・`д・´)

2、3回で最後まで紹介できたらいいなぁと思いつつ初回は基礎編!!

みんな知ってる?意外と知らない??
報酬の仕組みをおさらいしてみましょ~


ということでまずは用語の説明からっ
「報酬」と一口に言っても中にはいくつか種類があります。

・基本報酬
 「メインターゲットを達成しました」のアナウンスとともに確定する報酬。
 クエストをクリアすれば必ずもらえる報酬で、枠数も多いため、
 素材の主な入手元になっていると思います。

・サブA・サブB報酬
 サブターゲットが設定されているクエストで入手できる可能性があり、
 「サブターゲットA(B)を達成しました」のアナウンスとともに確定する報酬。
 基本では入手できない素材が出たりするので確実にこなしたいところ。

・捕獲報酬
 クエスト中に大型モンスターを捕獲することで得られる報酬。
 「一種類なら一頭分!」あとで説明しますがこれだけは覚えてくださいませ。
 討伐して剥ぎ取るか、捕獲報酬を狙うのかの確認は必須です。

・部位破壊報酬
 モンスターの部位破壊をすることで得られる報酬。
 尻尾切断だけはこれに該当しませんのできっちりと剥ぎ取ってくださいまし。

以上4つ。こいつらがいわゆる「報酬」と呼ばれるものです。
今後なにもなく報酬といったらこれらが該当すると考えてください。


では次、報酬の種類がわかったら次はその見分け方ですが、
これらは、クエスト終了後に見ることのできる報酬画面から判断できます。

報酬画面
クリックで拡大

クエ終了後に確認できる報酬画面は、上の図のようにエリア分けがされており、
上から3段分が基本報酬、その下にサブA・B報酬、最後に捕獲・部位破壊報酬
というように表示されています。

これにより各報酬がいくつ出て、どんな素材が入手できたのかがわかるというわけです。
この情報を元に攻略サイトさんと照らし合わせたりもできますね~

ただし、部位破壊報酬と捕獲報酬については同じエリアに表示されるため
どれがどれだか区別することができないことに注意してください。


はいっ
ということで今回は以上!

報酬の種類と、報酬画面の見方をおさらいしましたっ
といっても知らない人はほとんどいないと思いますが、、

まぁでもこれから入ってくる新人さんなんかに
ここの記事のことを教えてあげたらいいと思う!


次回は、報酬枠の決定と素材の決定について書こうかな~と思っています。
素材の抽選方法や運気スキルなんかについての話になるはずっ

ということで、早いうちに第2回がかけるよう今のうちから準備なくては~


トップ絵は剛種への道・牙獣種の宴の報酬画面
ブーブー報酬術の発動により3段目までマックスになったときの画像です。

プーギースキルについても次回簡単に説明しますねん

| MHF報酬について | 21:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。