2010年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年08月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

シーズン9.0プレビューサイト更新?

9.0

『シーズン9.0 “瀑突、グレンゼブル”』プレビューサイト更新…なのかな?

7月初旬 プレビューサイトの公開

7月30日 第一回情報公開…あれ? ←イマココ

8月27日 第一回目の情報公開

9月29日 9.0大型アップデート実装


うん。
8月にプレビューサイトのオープンでも
ぜんぜんかまわなかったと思いますがどうでしょうか。

大人の事情ですかそうですか。
XBOXユーザーの引止めのためですかそうですか。


というわけでー
一応プレビューサイトの更新と言っていいのかな、、

これまでメインビジュアルのみだったプレビューサイトに
「メゼポルタジャーナル号外?!」という形で
新モンスター、グレンゼブルの立ち絵と、
新フィールド「高地」のビジュアルイメージ3枚が公開されています。

なかに書かれている文章はまとめると次の3点。
・新モンスターは荒々しいから、「蛮竜」と呼ぶことにしました。
・新フィールドは標高が高いところだから「高地」と名づけました。
・「高地」には新種の草食モンスターが住んでいるようです。

あえて言います。読む価値なしっ
いや、だって「蛮竜」も「高地」もプレビューサイトのトップに書いてあるし
それぞれの名前の由来ももうちょっと考える余地はあると思うんだ、、
標高が高いから「高地」なんてそのままじゃん…

唯一の有力な情報は、新種の草食モンスターってことで紹介されている子。
ケルビっぽい体つきに羊の角をくっつけたような姿の愛らしい動物です。
正確は温厚とのことですが、どんなレア素材を落とすことやら、、
今からそれが楽しみです( ̄ー ̄)←すでに狩る気まんまん

グレンゼブルの立ち絵を見るに、やはりモノブロス骨格のモンスターになるのかな。
今のところ確認できる姿からはブロス系の動きしか想像できないけれど
何か特徴的、印象的な動きをしてくれると嬉しいです。
のっぺりした肉質で、無駄に体力だけが高いようなモンスターではなく
肉質、攻撃モーション、体力、有効な状態異常などなど
メリハリとバランスの両立するモンスターになることを心から願っています。

そうそう9.0のタイトルにもなってる「瀑突、グレンゼブル」の「瀑」の字ですが、
辞書的には”川の水が高い所から落ちて飛び散る所。滝。”てな意味らしく、
「瀑布」とか「飛瀑」とか、これまた「滝」を意味する言葉に使われるそうな。
個人的には某風来人が旅をした「瀑布湿原」ってので聞き覚えがあったかな…

んで、その「瀑」を使って「瀑突」と言うからには、
このグレンゼブルさん、水属性の攻撃を仕掛けてくるに違いない。体躯も青っぽいし…
地中にもぐって急襲するときに地面から水が吹き上がるー
みたいな感じの攻撃があるのかも。ブロス骨格っぽいし。
まぁ水が吹き上がっちゃったら「滝」じゃないけどねっ
そこんとこは気にしないで下さいまし。

ということで以上。
新しい情報満載のプレビューサイト更新レポートでしたっ


……

うん。
8月にプレビューサイトのオープンでも
ぜんぜんかまわなかったと思いますがどうでしょうか。
スポンサーサイト

| 公式情報 | 23:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アレアレルギー

今回の更新内容には多分のアレが含まれています。
アレ好きな人、アレ嫌いな人さまざまだと思いますが、
あくまでも私個人としてのアレに対するイメージですので
読んでくれるあなたにどうこう言うつもりはまったくありません。
万が一自分に当てはまるような気がするかもしれませんが、
あくまでも私はアレについて書いただけであって、
あなたが予想したものと一致するとは限りません。
むしろ異なるものだと思います。

まぁそんなわけで「Read More」以下、
アレに対するアレルギーを持った私が
アレこれ考えながら書いた文章です。

そうだけどそうではない。
かの有名なバールのようなもの的な文章になっていますが
まぁ結局アレと言っても結局アレのようなものでしかないんだから
以下を読むも読まないもあなた次第。
アレに対する意見でも、私に対する意見でも
少しでも思うあれがあったらコメントをいただけると嬉しいです。

≫ Read More

| 雑記 | 23:55 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

広いな大きいな

猟団活動報告

世間は例のアレで盛り上がっているみたいだけど
そんな話をネタになんかしたくない!

ということでー今日は嬉しいお知らせっ
はりせん団に新たな仲間が入ってくれました!
お名前は『umi』さん。

umiさん
クリックで拡大

って別にアレのネタが嫌だからうみさんの話ってわけではないですよ!
新しい団員さんが入ってくれるなんてこれ以上ない喜びなんですからっ

では改めて『umi』さんのお話ー
読み方は「うみ」でよいそうなので、
「うみ」にちなんだあだ名大募集!!

うみ…
う…み…
う…う、、うーん。。。

思いつかずっ
み、みんななにかいいのが浮かんだら教えてくれたらいいと思うよ!

さてさてそんなumiさんですがー
上の画像でもお分かりいただけるように
巷で大人気のぷるぷる信者でございます。
コーディネートも完璧でよーくお似合いでs…

ぷるぷる…?
アスパラ…

…うみぱら


☆(ゝω・)v


オホン。
さてHR400後半のうみさん、
プレイスタイルなんかはご自分のものをお持ちだと思います。
これまでにもほかの猟団に所属していたこともあるそうです。
そんなうみさんはきっとはりせん団に新たな風を巻き起こしてくれるはずっ
はりせん団のやり方、雰囲気に少しでも早く慣れてもらって
みんなで仲良く楽しもうではありませんかー!

ということで、うみさん。
団員さんとどんどん積極的に交流して、
名前だけでも覚えて行ってくださいね!

え?
なにその若手芸人さんの挨拶みたいな…

っと冗談はさておきー
名前とプレイスタイル、好きな武器種なんかを覚えると素敵ですよっ

ではではー
umiさんようこそはりぼてセンチュリオンへ(≧▽≦)ノ
うみさんが楽しく過ごせる場になることを祈っています!


歓迎クエはメモデュラさんー

ぷるっぷる
クリックで拡大
影になっちゃって見にくいけどー
umi > ぷるっぷるやぞ!ぷるっぷるやぞ!!

とかなんとか言ったとか言わないとか…

| 猟団活動報告 | 23:55 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

その前に一言いいかな

運営レポート

今年のお正月にいろんな意味で猛威を振るったイベント
「凄腕ハンターへの挑戦」が再配信されるようですねー
公式はこちら ニア 凄腕ハンターへの挑戦

激運ガンナー様が必死で頑張る姿が目に浮かびます☆
(  ゚д゚) < がんばれー

まぁそれはそれでいいとして、今回はその話ではなく、
昨日付けで公式サイトにアップされたイベント告知の記事について。
どんな内容かというと、以下公式より抜粋。

「第30回狩人祭」および「第34回公式狩猟大会」の開催日程変更について
                                       2010-07-27

平素より『モンスターハンター フロンティア オンライン(MHF)』を
ご利用いただき誠にありがとうございます。

次回開催される「第30回狩人祭」および「第34回公式狩猟大会」につきまして、
これまでに告知しておりました日程よりも1週間早く開催させていただきます。



だそうです。記事全文はこちら
ニア 「第30回狩人祭」および「第34回公式狩猟大会」の開催日程変更について

すでに2週間前に差し掛かっていた狩人祭の日程変更とはどういう了見でしょうか。
しかも日程を1週間前倒しするという話なのです。
ブログ友達の「key」(keyの気ままなモンハン雑記)さんが記事にしている通り
このような変更を直前になって通知し、しかも変更理由が明記されていない
運営さん、、そんなことしていいんですか?

特に3週間という期間をつかって行われるイベントである狩人祭、
前回の狩人祭からブランクが長く、予定を立てやすかったことから、
keyさんのように入魂をたくさんしたいと思っていた方もいるでしょう
韋駄天を頑張ろうと思い、週末や週明けの予定を空けていた方もいるでしょう
お盆休みの時期だから都合がいいやって考えた方もたくさんいると思います。

それを今になって1週間前倒しというのはさすがに自分勝手すぎませんか?
どのような理由で日程を変更したのかはわかりません。
まぁ公式にてアナウンスもなかったので知る由もありませんが。。

世間は夏休み、お盆休みなどで自由な時間を作りやすい時期だと言えるでしょう。
しかし仮に、運営がその事実を逆手にとり、
「どうせ暇なんだから別に変更してもいいでしょ」
などと甘えた考えで日程変更したのなら断固として批判したいと思います。

日程を変更しなければならないやむをえない事情があったのかもしれません。
しかしそうならばいくらでも説明くらいできるはず。
説明できないような理由なんて

運営1 > そうだ俺らもお盆休み欲しくね?
運営2 > ほしーほしーww
運営3 > アプデ前になると休めんから、祭の日程繰り上げて休み作ろうぜww
運営4 > うはwwおまえ天才www
運営1 > まったwそれだとさすがに批判来るから、棘眠、暴君でも配信しようぜw
運営2、3、4 > それだwwww天才すぐるwwwww

こんなことくらいしか思いつきません。。

ということで次回の狩人祭は一週間早まり、来週8月4日より開幕だそうです。
それだけのことと言えばそうなんですが、まぁ向こうが説明をしてないってことで
こちらも言いたい放題かかせていただきました。


今回は韋駄天も入魂も時間がありそうだと思ってたんだけどなー

| 公式情報 | 23:55 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

武器補正・斬れ味

キレアジ


MHFのダメージってどうなってるの?シリーズ
・第0回 『ダメージ計算』 (イントロ)
・第1回 『武器倍率
・第2回 『モーション値
・第3回 『肉質
・第4回 『武器補正・斬れ味』 ←イマココ

こんにちは。そめっほです。
『そめっほ狩猟日記』のお時間です(≧∇≦)b
だんちょーことそめっほがお送りするつれづれ日記ですっ

『そめっほ狩猟日記』今回は、
MHFのダメージってどうなってるの?シリーズ第4弾!!
『テーマ武器補正より、斬れ味さんのコーナー』です!(≧▽≦)ノ

…タイトル画の「そめっほ狩猟日記」の部分は見なかったことにしてください。。
勢いでやったけどすっごく後悔しているのです。。

さて、
武器倍率、モーション値、肉質とお話してきたダメージ計算カテゴリも
そろそろ中盤に差し掛かってきたころでしょうか。
今回は「武器補正」というテーマ…なんですが、
その武器補正の中でも特に大きなウェイトをしめる
『斬れ味』について重点的に書いてみたいと思います。

『斬れ味』と聞くと、タイトル画にあるような斬れ味ゲージと
その色に応じて攻撃がはじかれたり、はじかれなかったりということが
まずは思い浮かぶと思いますが、
その斬れ味がダメージ計算に対しどんな影響を与えるのかを説明していきます。


まずはいつもと同様に計算式から。

最終ダメージ = (物理ダメージ + 属性ダメージ) x 全体防御率 x 怒り倍率
物理ダメージ = 武器倍率 x モーション値 x 武器補正 x 会心 x 肉質
属性ダメージ = 属性値 x 斬れ味orタメ段階補正 x 肉質
(武器補正:斬れ味、タメ段階、距離等の補正を全て含む)

『武器補正』とは、上に示したMHFのダメージ計算式における太字の部分に該当し、
使用する武器の状態、使用方法、武器種そのものによって変化する補正値です。

これまで説明してきた、「武器倍率」、「モーション値」、「肉質」が
1つのクエスト中において基本的に固定された値だったのに対し、
『武器補正』はクエスト中にも常に変化しうる数値であることがポイントです。

その変化の中でも特に大きな影響を与えるのが『斬れ味』です。
武器の能力を確認するウィンドウに表示される「斬れ味ゲージ」や、
クエスト画面の左上、スタミナゲージの下の剣アイコンの色で判別でき、
砥石系アイテムを使うことで回復させることができるあれです。

ではその『斬れ味』がダメージ計算に際して、
どのような影響を与えることになるのでしょうか。
いきなりですが具体的な数字に登場してもらいます。

斬れ味ゲージによる物理攻撃力補正値
ゲージ色
補正倍率0.500.751.001.1251.251.401.50

この表は斬れ味ゲージの色に応じた、『武器補正』における補正値を示し、
クエスト中のあるタイミングにおける武器の斬れ味ゲージの色に応じて、
モンスターに与えるダメージ量が変化する性質があることを表しています。

そしてこれらの補正値ははじめに出てきたダメージ計算式からわかるとおり、
武器倍率、モーション値といった武器固有の値に対し、乗算で効いてくるのです。

基準武器倍率が200の武器で緑ゲージなら武器倍率225と同等に、
青ゲージなら250に、白ゲージなら280に、そして紫ゲージなら300にもなるのです。
その影響の大きさが実感していただけますでしょうか。

これはまた、武器種、武器倍率が同じ武器であっても、
最大緑ゲージなものと、青ゲージまであるものを比較した場合、
単純に約11%も攻撃力に違いがあるということを示しています。
(1.25/1.125=1.11…)

もちろんクエスト中においても同様で、斬れ味が1段階落ちるということは、
モンスターに与えるダメージが約1割も減少しているということなのです。

エリア移動時や、アクラの尻尾切りなど火力が求められるときにはもちろん、
クエスト中の空いた時間に砥石を使用し、常に斬れ味ゲージを最大に保つことは
スキル等に関わらず攻撃力を維持するとっても大切な行為なのです。

さらに、「武器に会心率が設定されている」又は「見切りスキルが発動している」状態では
斬れ味が青の場合に5%、白以上の場合に10%の会心率が加算されます。
これも斬れ味を保つ大きなメリットのひとつです。

紫ゲージを持った武器が熱烈に迎え入れられ、
最大でも青ゲージまでしかないような
某武器種の某剛種武器がかわいそうな扱いを受けてしまうのは
こうした理由があるのです。


また、斬れ味ゲージには属性攻撃力を変化させる効果もあります。

斬れ味ゲージによる属性攻撃力補正値
ゲージ色
補正倍率0.250.500.751.001.06251.1251.25

これらも武器固有の属性値に対して乗算で作用します。
ただし、状態異常属性攻撃には作用しないことに注意してください。


まとめます。『斬れ味』とは
ゲージの色に応じた補正値がモンスターへ与えるダメージに影響を及ぼす、
クエスト中においても変化する武器の状態のこと。
です。

「斬れ味が落ちてもはじかれてないから大丈夫」なんて考えは大間違いです。
斬れ味ゲージとは単なる"はじかれる"、"はじかれない"の指標ではなく
ダメージ計算において大きな大きなウェイトを占める重要な要素なのです。


『斬れ味』のダメージ計算に関するシステムはご理解いただけたでしょうか。
もちろん最後にちょっとだけ出てきた「はじかれ」の要素、
上では荒い扱いになっていますが、これも斬れ味のもつ大切な性質のひとつです。
これについても近いうちに書こうと思いますので、
ほとんど期待せずに待っていただけると幸いです☆


ということでMHFのダメージってどうなってるの?シリーズ第4弾
『テーマ武器補正より、斬れ味さんのコーナー』は終了です。
案の定、「斬れ味」以外の武器補正に関する内容には触れることができなかったので
こちらについても近いうちに必ず補完をしたいと思います。

では、最後までお付き合いいただいたみなさんありがとうございます。
少しでも何かのお役に立てますようにっ


タイトル画は、言わずと知れた剛種ハンマー「ネブララピス」
紫ゲージをMHFの全ての武器の中で一番初めに搭載した記念すべき一本。
今でこそ紫ゲージを持つ武器も増えてきましたが、
間違いなく当時、「紫ゲージ」というアドバンテージによって
それまで存在したハンマーを過去のものにした罪深い一振りです。


→第5回 …?

| ダメージ計算 | 23:38 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

zoomeさん(´・ω・`)

動画共有サイト「zoome」さん。
その利便性から多くのブロガーさんが利用していると思います。
かくいう私もその一人。
右カラムのリンクリストの一番下に
そめっほの動画庫@zoome」という名前のリンクがひっそりとおかれていますが、
このリンクの先が私がブログ用の動画のためのアップロードスペースです。

zoomeさんのいいところは、静かなところ。
某動画サイトのようにコメントで動画が批判だらけいなったりしません。
安心して下らないネタ、わいわい動画などなどを投稿できるのです。



そんなわけで動画投稿には主にzoomeさんを利用していたのですが、、
ニア zoome info

各所で話題になっているようですのでご存知の方も多いかと思いますが
上記リンクにあるとおり8月1日から動画の投稿が有料になるそうなのです。
視聴に関してはこれまでどおり無料で大丈夫なようですが、、

これまでと同様のシステムを利用するのにかかる値段は
正直そこまで負担になるようなものではありません。
しかし、「無料」と「有料」では心情的に大きく異なります。

「まったく同じサービスが有料化」
ってのが少し引っかかるんですよね、、

zoomeさんはこれまでも、「zoome+」というサービスで
無料会員と有料会員の差別化を図っていました。
容量アップだとか広告の挿入のキャンセルといった付加価値が付くものです。

お金を払うといいことあるよ。
ってのが本来の主張だったはずで、無料になれてしまった私としては
お金を取ると言うならなにか少しでも価値がほしいなぁと。

確かに便利ではあったけれど、
無料だからこその制限があって、そのなかで満足していたわけで…
まぁ利用させてもらっていた立場でこんな言い方をしてしまうのは
ちょっとばかし都合がよすぎるのかもしれませんが、、

有料化までのタイムリミットは8月1日に迫っています。
これまで投稿してきた動画をすべて移動させて
その他のアップロードサービスを開拓するか、
お金を払って今までの環境で継続するか。
悩みどころなのです。

んー
なにかサービスつけてくれたら不満はないんだけどなー
なー
なー

ねぇずーみーさん。

| 雑記 | 16:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

どらやき

猟団活動報告

同盟のみなさんと行ってきました剛種ドラギュロス。
閃光が効かない以外は変更なしとの情報は得ていたので
特に新鮮味はありませんでしたー

原種の時点でせっかく完成度の高いモンスターだったので
もう一工夫なにか追加されていたらおもしろかったですね。
新モーションを期待していた方々にとっては肩透かしのような印象でしょうか。
まぁドラギュロス自体に慣れていない私はひどい有様でしたが、、
そのへんはいつものこと。
仲間のみんなの粉に助けられてばかりで、貢献できていなかった気がします!

雰囲気がわかったからいいよね…

ということで以下、ごうどらさんと遊んだSSをぺたぺたりー

つんつくつん
クリックで拡大

ついつい副尾を狙ってしまうのは鉛玉のときの習性にちがいない。
肉質的にも悪くないから問題ないと思いますがっ


冥落雷
クリックで拡大

さっとステップ。くるんとローリング。
え?なにも見てませんよ?なに言ってるんですか。いやだなー


箱参戦
クリックで拡大

せ、先生!そんなことよりスフィア娘さんが気になります!!
先生!スフィアはいくらまでですか!?バナナはスフィアに入りますかっ
今からでも手に入りますか…(´・ω・`)


報酬
クリックで拡大

よしよし。これが報酬画面だってこともばれてないし、
そもそもドラギュロスぽい影の下に人が倒れてるなんて
誰も気がつくはずないよね。ウンウン。


(  ゚д゚) < ここんとこ手抜き更新が目立つんだが。

| 猟団活動報告 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。