PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

MHF報酬について最終回

報酬について シリーズ
・第1回  『報酬画面の見方
・第2回  『枠の決定、素材の決定
・第3回  『素材出現期待値
・最終回 『期待値導出ツール』←イマココ


お待たせしました。
MHF報酬についてシリーズ最終回。

『期待値導出ツール』の配布&使い方説明です。

Ω< マッテマシタ!
Ω< キャーキタイチサマー!


欲しい素材が一回のクエでいくつくらい出るのか。
目標の数を集めるのに大体何回クエをこなせばいけそうか。
そんな値がさっくりとわかるように作ってみました~

=こんな感じ
クリックで拡大

見た目はこんな感じでごんす。
…ただのエクセルです本当にありがt


とりあえずダウンロードと使い方について説明します。

まずダウンロードはコチラから→MHF_expectation_0328

ダウンロードすると、拡張子が「.txt」のものが保存されますが、
これはFC2の仕様でエクセルファイルがアップロードできないからで、
「.txt」をそのまま「.xls」に変換するとエクセルファイルとして利用できます。

 拡張子?なにそれ見えない!という方はコチラ↓
 拡張子とはWindowsでの拡張子表示方法
 (参考:拡張子辞典・解説 - CCfA.info様)
 拡張子が表示されたらファイルを右クリック、名前を変更で
 「MHF_expectation_0328.txt」を
 「MHF_expectation_0328.xls」に変更したらおけーでございます。
 エラーというか警告が出るけど無視してくださいませ。

さてー
みなさまエクセルのシートが表示できましたでしょうかっ
上の画像のようなファイルが開けたら成功ですー


ではでは使い方です。

まず、期待値を求めたい欲しい素材が決まったら、
情報系サイト様などから各報酬でどれだけのドロップ率があるのかを調べてください。
 (参考:猟団FreeDomの小部屋→素材検索 など)
そしてその値を「入力」と書いてある行の太枠で囲まれたセルに
報酬の種類ごとに入力してください。
このとき百分率は使わずに、0~1までの少数を用いて入力をお願いします。

入力
クリックで拡大

「サブなし」「サブあり」「サブA」「サブB」「部位破壊1~4」「捕獲報酬」「剥ぎ取り」
それぞれ対応するセルにドロップ率を記入するのですが、
前半の4項目はクエスト依存、後半はモンスター依存であることに気をつけてください。
また、基本報酬でドロップがある場合は、
該当するクエストにサブターゲットが設定されているか否かで入力場所が異なります。
サブターゲットが存在しない場合は「サブなし」へ、する場合は「サブあり」です。
ドロップの存在しない報酬がある場合は、該当するセルには「0」を入力してください。

また、剥ぎ取りに関しては確率を入力するセルと
剥ぎ取り回数を入力するセルがあるので、それぞれ対応する値を入力してください。


ここまで入力できたら、すでに「出力」の欄に値が表示されているはずです。

出力
クリックで拡大

「1クエの総期待値」の下にはそれぞれ捕獲した場合と、剥ぎ取った場合の
運気発動状態に合わせた期待値が表示されています。
これらの値の単位は「個」です。
1回のクエストで何個の報酬が期待できるかという値になっています。

捕獲した場合と剥ぎ取った場合でどちらが期待値が大きいか
比較できるようになっています。


そしてその右の「n個集めるには」という項目ですが、
これは、入力に使用したクエストを何回こなせば目標数(n)に達するのか
それを示した数値で、単位は「回」です。
使用する際には n=[ ]となっている太枠のセルに目標個数を入力してください。
捕獲、剥ぎ取り、各種運気状態とそれぞれの値が表示されます。

n=
クリックで拡大

その右の参考の欄は、お守りを使用するとどんな期待値になるのか
それを簡単に表示させています。参考までにどうぞ。


ということで、MHF報酬についてシリーズ最終回は
実際に期待値を求めてみるためのツールの紹介と使い方の簡単な説明でした。

上の説明文ではわかりにくいことだらけだと思いますが…
適当にいろいろいじってみて上手に使ってみたくださいませ☆


ではひとつ例を紹介です。
最近話題の「古龍種の珠」の期待値を求めてみたいと思います。
え?珠なんてもう古いって??  [ - -]<キコエマセン

「古龍種の珠」これを小部屋さんの素材検索で調べると、
密林:温暖期/夜:≪剛種クエスト≫密林の強き嵐 基本報酬 で 1個 (10%)
密林:温暖期/夜:≪剛種クエスト≫密林の強き嵐 サブB達成報酬 で 1個 (4%)
というデータが見つかります。
これは「密林の強き嵐」というクエストの基本報酬で10%、
サブB報酬で4%のドロップ率があるということを示していて、
捕獲や剥ぎ取りといったそのほかの報酬ではドロップしないこともわかります。

この場合、例のエクセルファイルには、
サブターゲットが設定されているクエストの基本報酬で10%なので
C10のセルに「0.1」を、サブBで4%なのでE10のセルに「0.04」を
その他のセルには「0」を入力してください。
そしてこれを10個欲しいとするならばF17のセルに「10」を入力します。

するとこんな感じになっているはず。

n=
クリックで拡大

出力の欄を見るとこのようになっていて、
通常  0.61261640個
幸運  0.71879945個
激運  0.82486435個

一回のクエストでこれだけの「古龍種の珠」が期待できるというわけです。

また「n個集めるには」の欄には以下のように表示がされ、
通常  16.32342835回
幸運  13.91208618回
激運  12.12320547回

通常時は16回ほど、幸運なら14回、激運ならば12回ほどクエストをこなすと
目標数に達することがわかるのです。


普段何気なく入手している報酬にこんなルールがあって、
計算でいろいろ求まるんだってのだけでも知ってくださいませ
ツール自体の用途や需要があるのかどうかはわかりませんけどねっ

では、MHF報酬についてシリーズ これにておしまいですっ
最後までお付き合いいただいたみなさまありがとうございましたー


【追記】4/2 19:30
上記「古龍種の珠」のクエは「鋼龍討伐の証」が1つ確定でドロップします。
確定ドロップがあると、基本報酬の枠数がひとつそれに占有されてしまうので
その他の素材の出現可能な枠が減るため、計算結果が不正確になります。

確定ドロップが存在するクエストでは、
エクセルシートから算出された素材の期待値から、
求める素材の基本報酬でのドロップ率を引いた値を期待値としてください。

例) 密林の強き嵐、古龍種の珠ドロップ個数期待値
エクセルシートの計算結果
通常  0.61261640個
幸運  0.71879945個
激運  0.82486435個

これらから「古龍種の珠」基本報酬ドロップ率の「0.1」を引いた値
通常  0.51261640個
幸運  0.61879945個
激運  0.72486435個

が正しい期待値となります。
なお、これによりn個集めるには~の計算結果も正確性が失われます。

確定ドロップの存在するクエスト場合以上の点に注意してください。

| MHF報酬について | 22:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://haricen.blog22.fc2.com/tb.php/381-08e3a32f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。