PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

肉質

ガレガレ

MHFのダメージってどうなってるの?シリーズ
・第0回 『ダメージ計算』 (イントロ)
・第1回 『武器倍率
・第2回 『モーション値
・第3回 『肉質』 ←イマココ
・第4回 『武器補正・斬れ味

こんにちは。そめっほです。
『そめっほ狩猟日記』のお時間です(≧∇≦)b
だんちょーことそめっほがお送りするつれづれ日記ですっ

『そめっほ狩猟日記』今回は、
MHFのダメージってどうなってるの?シリーズ第3弾!!
『肉質?なにそれ?牛とか豚とかそんな感じ??』です!(≧▽≦)ノ




おおー
ひ、ひさしぶりだっ
前回の更新(2009年10月24日)から半年以上、ほぼ7ヶ月ぶりの
「ダメージ計算」カテゴリの記事の更新ですよっ!

いやーお待たせしました。
このまま黙ってなかったことにしようとか思わなくてよかったなーウンウン
ということで、誰も待ってないとか言わずにお付き合い下さいませませ!

 以下の文章は、上記リンク又は右カラムにある『ダメージ計算』カテゴリ内記事を
 全て読んでいただいていることを前提として書かせていただきます。
 更新の間があいてしまったのに申し訳ありませんがよろしくお願いします。


ではさっそく始めていきましょう。今回のテーマはずばり『肉質』です!

あのモンスターはドコドコが軟らかい。 とか
硬化中のミラボレアスはむっちゃ硬い。 とか
テオの頭には切断よりも打撃のほうが通る。 とか
キリンは頭と角以外はほとんど攻撃が通らない。 とかとか 
軟らかいだの硬いだの、通るだの通らないだの。
モンスターの名前と体のパーツの名前、攻撃の種類と合わせて表現されるこの言葉
疑問に思ったことはありませんか??
これらはすべてモンスターの肉質について語っている言葉なのです。

ふむー それはわかったけど、だから肉質ってなんなのさー
という方、ご安心くださいっ 私も分かりません!


……

冗談はさておき、、
肉質ってものが実際にはどんなものなのかこれからお話していきますっ

まずはこちら↓

最終ダメージ = (物理ダメージ + 属性ダメージ) x 全体防御率 x 怒り倍率
物理ダメージ = 武器倍率 x モーション値 x 武器補正 x 会心 x 肉質
属性ダメージ = 属性値 x 斬れ味orタメ段階補正 x 肉質
(武器補正:斬れ味、タメ段階、距離補正など全て含む)

『肉質』とは、上に示したMHFのダメージ計算式における太字の部分に該当し、
「ハンターの攻撃がどの程度モンスターに影響を与えるか。」の指標になる値です。

前回、前々回とお話した、『武器倍率』や『モーション値』が
ハンターのステータスや攻撃方法に依存するものであったのに対し、
『肉質』はモンスターに依存する数値であるということをまずはご理解下さい。

では具体的にはどのような値になるのでしょうか。
まずはこちらをご覧下さい。

部位切断打撃 弾   火  水  雷 龍 氷気絶
706050015203515100
5040400101520100
背中25303010101525100
60559005201050
尻尾30302505102550
2520250101520100
4540500510550

これはリオレイアの肉質を示した表です。(参考:MHF猟団 FreeDomの小部屋)
縦方向にあるモンスターの部位と、横方向のハンターの攻撃方法に応じて
なにかの数値が決まっていることがわかると思います。
この数字が『肉質』と呼ばれる数値で、
ハンターの行った攻撃の何割がモンスターに届くのか を示しています。

「切断」、「打撃」、「弾」がそれぞれの攻撃種による物理攻撃における肉質を、
「火」、「水」、「雷」、「龍」、「氷」が各属性攻撃に対する肉質を、
「気絶」は打撃系の攻撃によって蓄積するスタン値に対する肉質を表しています。

それぞれの数字はパーセントを示していて、
例えば「切断」武器で「腹」を攻撃した場合には、
ハンターの攻撃力のうち60%がリオレイアに届くことを示しています。
尻尾ならば30%、足ならば45%がモンスターに与えるダメージとなります。

属性についても同様で、
「頭」に「龍」属性の攻撃を行った場合、武器の属性値の35%がダメージとなります。
「腹」に「雷」ならば20%、「尻尾」に「水」ならば5%というように決まります。
(厳密に言うと違いますが、、そのあたりは属性ダメージの項で説明します)

おなじ武器を使い、おなじスキルで戦っている場合でも、
攻撃する部位によって、与えるダメージはまったく異なるものになるのです。

先ほどの例を利用するならば、
リオレイアに対し切断武器で腹を攻撃するということは、
尻尾を攻撃した場合の2倍、足を攻撃した場合の1.5倍のダメージを与えている。
ということになるのです。

はじめに書きました、軟らかいとか硬いとか、通るとか通らないとかってのは
肉質の数値が大きく、ダメージがたくさん届く部位を軟らかいとか通るとかと言い、
数値が小さく、ダメージがあまり届かない部位を硬い、通らないと表現していたのです。

○○をすばやく狩猟するためには、××の部位を狙うといい。
という話をよく耳にするかと思いますが、これらの意見は、
肉質の考え方を利用し、ダメージの届きやすい部位を示すことで、
効率よくダメージを与えることができるという考え方が基本になっています。
先ほどのリオレイアについて言えば、
足ばかりを狙って攻撃し続けるより、腹や頭を的確に狙うことのほうが
多くのダメージを与えそうだということがお分かりいただけるかと思います。

属性についても同様で、レイアに「龍」は有効だけど、
足ばかりを狙っていても肉質が5ではほとんど効果がありません。
「頭」や「首」といった通りやすい部位を攻撃してこそ有効だといえます。

…このあたりはPTの構成や怯みなどによって一概に言えない場合が多いですが、、
ここでは純粋に肉質による効果のみの説明ということでご了承ください。

もちろんこれらの肉質の値は、各モンスターによって異なります。
レイアのように切断でも打撃でも頭が通りやすいモンスターもいれば、
ヴォルガノスのように切断は腹が、打撃は背中が柔らかいなんてやつもいます。
原種のレイアは「龍」が有効だけど、希少種には効果がありませんし、
攻撃部位によって異なる属性が通りやすいやつだっています。

このあたり各モンスターの詳細な肉質データについては、
情報系サイト様などに掲載されていますのでそちらで必ずご確認ください。
個人的には「MHF猟団 FreeDomの小部屋」様の肉質のページが使いやすく、
よく利用させていただいています。


ということで『肉質』については大体イメージがつかめましたでしょうか。
各モンスターごと、各部位ごとに、ハンターの攻撃種などに対して定められ、
ハンターの攻撃がどの程度モンスターのダメージとなるかを示す値。



モンスターハンターにはいわゆる「弱点」という概念はありません。
そのかわり、各モンスターに与えられた肉質の概念によって、
それぞれがモンスターのどのポイントを攻撃するのが効果的かが決まります。

もちろん肉質がすべてというわけではありませんが、
各モンスター、各攻撃種における最善となる肉質のポイント、
次善、次々善のポイントくらいまでを把握しておくことで
スムーズな狩りが楽しめると思います。


よしっ
大体こんなところでしょうか!
これにてMHFのダメージってどうなってるの?シリーズ第3弾!!
『肉質?なにそれ?牛とか豚とかそんな感じ??』終了ですっ

私の認識違いや、データ間違い、ここわかりにくいよっ なんて要望でも
思ったことがあったらなんでも教えてくださいねー

次回は・・・どうなるかな、、
とりあえずまだまだ続くよ!
ってのだけお伝えしておきますー

それでは最後まで読んでいただいた方、ありがとうございますー
この文章がなにかのお役に立てたら幸いです(≧▽≦)ノ


タイトル画はMHF全モンスター中、もっとも軟らかい肉質である
ドスガレオスの首を弾で攻撃したときのもの。
その肉質は「150」であり、これはつまりハンターの攻撃力を1.5倍するという、、
すさまじく軟らかい部位なのですっ


→第4回 『武器補正・斬れ味

| ダメージ計算 | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://haricen.blog22.fc2.com/tb.php/451-ffca3b6a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。